Hypnotherapyについて

ヒプノセラピーを日本語で表すと 催眠療法 になります
「催眠」という言葉を聞くと なんだか
術をかけられて 勝手に身体が動いたり
すっぱいものをおいしいと思いこんで食べさせられたりするような
あやしいイメージがあるかもしれませんが
実は 私たちは日常のなかでも しょちゅう催眠状態になっています
ぼんやりとテレビを眺めているとき 電車にゆられてうとうとしているときなど
知らず知らずのうちに 顕在意識の壁をこえて
潜在意識の海の中へ 沈み込んでいるのです
潜在意識の影響はとても強く 私たちを支配しています
ふだん何気なくとってしまう行動や
ふとしたときに急にこみあげてくる感情
なぜだかわからないけど ついやってしまうクセなども
すべて潜在意識の中にある原因が鍵になって引き起こされる
条件反射のようなものと言えるでしょう
たとえば 誰かと待ち合わせをしていて 相手が来ないとき
連絡が取れないあいだは なぜ?どうして?
もしかして事故にでも遭ったのか 約束を忘れてしまっているのか
それともまだ眠っているのか 本当は自分に会いたくなかったのか
など 不安を感じながら 様々な理由に思いを巡らせてしまいます
 
スマホを忘れたのかもしれなくて 自分がその場を離れたら
行き違いになるかもと思うと どこにもいけないし
予約したお店の時間もせまっているし どうしよう!!
…と 焦ったり パニックを起こしたり イライラしたり
とにかく落ち着かない気持ちを抱えたまま 時間だけが過ぎていく…
そんな経験はありませんか?
そこに相手から連絡が入って
「待たせちゃってごめんね 事故で電車が止まってて
 満員で身動きも取れなくて スマホにもさわれなくて
 心配させちゃって本当にごめんね けど
 今やっと駅に着いたからもうすぐ会えるよ!」
そう言われたら
「なんだーそういうことだったのか よかった!」
…とホッとして 理由がわからなかったときの不安や嫌な気分が
ウソのように一気に消えていき
スッキリした気持ちで相手を迎えることができますよね
潜在意識の影響を例えるとこんな感じです
得体の知れない恐怖感や 心の奥にある影
自分を脅かす でも言葉では表せない何か…
その原因が判れば あっけないほど簡単に
まるで魔法みたいに そこから自由になれるのです
催眠によって潜在意識の海の中へ潜っていき
すべての元となる出来事に焦点をあわせて記憶を探り
そのときに 自分からの視点のみでしか見ていなかったために陥った
盛大な勘違いや ゆがんだ思い込みを解きほぐす
そんなことが可能となるのが ヒプノセラピーなのです
*ヒプノセラピーで体験できること*
過去生(前世)をみる
望む未来を設定し
それがかなった時の感情を味わう
ポジティブな暗示をいれて
これまでとは少し違う自分になる
そこに居ない人と話す
そして相手側の気持ちになる
自分では思い出せないような
遠い過去の記憶にアクセスする
高次の存在にコンタクトして
メッセージを受け取る
インナーチャイルドとふれ合い
幼い頃の自分を癒す など…
潜在意識は宇宙のクラウドのようなもの
単に自分の記憶だけではなく
あらゆるすべてが記録されています
ヒプノというツールによってそこにたどり着き
一緒に秘密を探ってみませんか​​

© 2016  HARMONICS LABO. hRSu